会社沿革

音羽印刷サイトトップ 会社概要 > 会社沿革

音羽印刷株式会社 会社沿革Corporate history

時代の流れに柔軟に対応し、社会に必要とされる企業であるよう努力してまいります。

当社は昭和2年(1927年)に伝統ある地、文京区で創業し今日まで印刷業界の発展とお客様への貢献のため日々取り組んでまいりました。
時代とともに目まぐるしく変化、多様化するニーズですが長年にわたって培った技術・経験を活かし"ものづくり"としての情熱と謙虚さを念頭に置き印刷業界やお客様のお役に立ちたいと願っています。
お客様のご信頼とご要望にお応えできるよう、これからも全力を尽くします。

昭和 2年 9月(1927) 創業
昭和29年 3月(1954) 有限会社組織に変更
昭和42年 1月(1967) 千葉工場を新設し活版印刷部を設置
昭和46年 4月(1971) 印字部、製本部、検収部を設置
昭和48年 6月(1973) 製版部を設置
昭和52年 6月(1977) オフセット印刷部を設置
昭和52年11月(1977) ビジネスフォーム印刷部を設置
昭和54年 3月(1979) 連続中綴製本機の開発に成功 (実用新案 昭56-33672)
昭和58年 6月(1983) 資本金1,600万円に増資
昭和58年10月(1983) 株式会社組織に変更
昭和61年10月(1986) 印字部を改組し電子組版部を設置
平成 2年12月(1990) 営業本部を設置
平成 3年 7月(1991) 第一倉庫(製品格納倉庫)を新設
平成 7年 4月(1995) プリプレス部を設置(電子組版部と製版部を併合)
平成 8年 2月(1996) 第二倉庫を新設
平成 8年11月(1996) 千葉工場新館を新設
平成10年 4月(1998) 自動封入・封緘機を導入
平成15年 6月(2003) デジタル検版システムを導入
平成17年 3月(2005) C.T.Pシステムを導入
平成17年 3月(2005) 営業部を営業事業部へ組織変更
営業事業部を現在の場所へ移転
平成18年 6月(2006) プライバシーマークを取得  A190452(01)
平成20年 5月(2008) 資本金3,200万円に増資
平成24年 5月(2012) デジタル印刷機を導入
平成24年 8月(2012) BCPを策定
平成25年 2月(2013) オンデマンドカラープリンターを導入
平成25年3月(2013) 電子ブック・デジタルカタログ制作を開始
平成25年 6月(2013) 東京工場の機械設備を千葉工場へ移設
平成25年 7月(2013) カラープルーファー PRIMOJETを導入
平成26年 6月(2014) オフセット4色印刷機を導入
平成26年 6月(2014) 「GP認定工場」として認定